J・P・O調査合同会社

浮気調査、結婚調査、盗聴・盗撮対策、ストーカー対策なら

東京/渋谷のJ・P・O調査会社


東京都公安委員会 第30110282号 
内閣総理大臣(国家公安委員会)許可(社)日本調査業協会員 第2345号

お悩み解決!ご相談は安心と信頼のJ・P・Oまで
Tel.0120-552-783
078-341-6313 無料相談はこちら
受付時間 : 午前10時~午後8時まで
J・P・Oの4つの安心 調査項目 調査の流れ よくある質問 調査事例 料金表
会社概要
調査項目
素行調査・浮気調査
結婚調査
裁判証拠資料収集
ストーカー対策
盗聴・盗撮対策
指紋顕出
お悩み解決!ご相談は安心と信頼のJ・P・Oまで TEL:078-341-6313 受付時間 : 午前10時~午後8時まで
無料相談はこちらまで
安心と安全をお約束/JPOの特徴
会社概要
アクセス
お客様の声
POBグループ
P・O・B危機管理株式会社
P・O・Bセキュリティシステム株式会社
トップ調査項目 > 盗聴・盗撮器の発見
盗聴・盗撮器の発見

誰でも安価に盗聴・盗撮器を入手できる現代。

個人のプライバシーや企業の情報漏えいに不安がある方へ。


盗聴器の販売台数は年間約40万個にも上ると言われています。1万円前後の値段でネット上で安易に購入できる盗聴・盗撮器は、年々小型化・高性能化し、発見を困難にしています。

実は、盗聴という行為自体を取締る法律はありません。盗聴に付随して行われた不法侵入、器物損壊やストーカー行為などに対する法律でのみ、盗聴した本人を検挙することができるのです。よって、これらの機器の使用法は、全く個人の倫理観に委ねられることになるのです。

盗聴・盗撮機器は目に見えないところで氾濫しています。以下の例からも分かるように、こうした機器は意外にも、私たちのごく身近なところに隠されているのです。

個人に関わる利用目的(例)
・浮気の確認 ・恋人の監視
・子供の監視 ・誘拐・ストーカー

企業に関わる利用目的(例)
・ライバル会社の新製品等の機密情報
・個人情報の持ち出し
・有名人のスキャンダル
・誘拐・ストーカー
・会社内部で、機密情報を持ち出し他人に売る情報ビジネス利用
・役員がリストラ目的で、社員を内密調査


当社は、経験豊かなスタッフが、最新の技術をもって盗聴・盗撮機器の発見をいたします。また、「誰が」「何のために」設置したのか、その原因と経緯の究明にも尽力いたします。

下記のようなことに心当たりのある方は、すぐにご相談を!

・通話中に雑音が入る、テレビ画面が乱れる
・コンセントに見知らぬコンセントらしきものが差し込んである
・無言電話や迷惑電話がある
・自分のプライベートな情報が漏れている
・ストーカーに狙われている

基本料金 最初の8時間まで36,000円 8時間以降4,000円/時間
(調査員1名につき)
深夜料金(23時~翌4時) 上記料金+別途50%の割増料金
技術料金 (特殊資器材使用料として)5,000円~30,000円 / 日
必要経費 (車両使用料)5,000円 / 日
※その他、高速料金、駐車料金等が必要です
拡張業務料金 (警護員1名派遣につき) 4時間 31,500円~
※危険度その他状況により変動します

※調査期間が5日以上に及ぶ場合、料金総額から10%割引いたします。

 
 
J・P・O調査合同会社 Copyright @ 2010 J・P・O 調査合同会社 All rights reserved.